忍者ブログ
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に小説書いた。Dグレです。
昔書いてたパラレルの大学生編。
好きな人の匂いは眠くなるねっていうシリアス。結構ギャグっぽいノリで書いてた連載だったのに、今書いたらもう出来なくなってた…、


昔ここにきていただいていた方以外で今ここを訪れてくださってる方はいないと思いますが、忘れてらっしゃると思うので、一応設定。

らび→大4(就職決まってる) あれ→大1(一浪して今は大学生)

ラビはアレン以外に付き合ったことないです。
アレンはラビの前に女の人と付き合っていた時期がありました。
でも好きだったわけじゃなくて、さびしかったので依存してただけでした。自分人好きになれないんじゃないかってトラウマになってます。

そんな感じでGO

「よく寝るなぁこの人は」

僕の前でだけ、だけど。
実際の睡眠時間は、常人のそれと比べれば少ないほうなのだろうと思う。気分が乗れば、ずっと本を読み続ける、3日間睡眠なしとかで。今も現に、床に無造作に転がる肢体の傍らには、異常な厚さの本が転がっている。来年からは社会人になるこの人は、今が最期の自由時間だからと言って、いつも以上に読書に熱を燃やしている。

「今日は僕の講義が午前で終わるからって言っておいたのに」

時刻は13時少し過ぎ。記憶力のいい人だから、忘れているわけではないのだろう。自分がないがしろにされているわけではないのも、4年以上の付き合いでいい加減に理解している。ただ、この人には時間が足りなさすぎるのだ。だから、読書以外の時間が少しずつ犠牲になる。この人にとって読書は最優先事項ですらない。読書こそがこの人にとっての現実。こっちのリアルは、彼にとっては夢みたいなものでしかない。本人に確認すれば、「そんなことねえさ」と言って否定するだろうが、僕は知っている。

人当たりがよく、誰とでもすぐに打ち解ける、他人が言うに「いいやつ」なこの人は、この世界で真剣に生きていないからこそ、そんな理想像みたいな人間足り得るのだ。記憶の引き出しと、正しいリアクションの反復、彼がしているのはそれだけで、そこに感情はあまりない。

「う…ん」

ラビ静かに寝がえりを打つ。起きる気配なし。
寝たら簡単には起きないのがラビだ。蹴りをくれてやろうか。さすがに起きるだろう。そして、怒りもせず寝過ごしたことをひたすら謝るに違いない。立場が逆なら、僕は自分を棚に上げて半殺しにするところだけど。

「やさしいからなぁ」

やさしさだけは多分この人の本質で、この人のリアルがこの世界にないこととは関係がないのだと思う。どうでもいい世界で他人にやさしくできるのは、彼が本質的にやさしい人だからに違いない。でも、彼の僕に対する優しさだけは、少し違うのだけど。うぬぼれるわけではないけれど。僕だけは、この人の現実だから。

唯一僕だけが、彼の現実に存在する人間。

どうしてそうなれたのかはっきりとはわからない。本人も多分わかっていない。でも、僕がなんとなく思うに、それは僕に現実感というものが喪失していたからだと思う。日本という国に異質な容姿、性別のわからない外見、彼がそれまで出会ったことのなかった理解不能な性格。運命的な出会い方。他にもあるのかもしれない。僕の過去の恋も、僕が女性ではないことも、もしかしたらそういう要素になっているのかもしれない。僕のそういう要素が、僕の存在をラビの中でリアルよりもファンタジーに近いものにした。だから僕は彼の琴線に触れることができた。

「幸せだよ、ファンタジーでも、僕は」

そして多分、身体に触れる瞬間だけ、僕はファンタジーからリアルになる。

「誰にも変わることなんて出来ないんだから」

彼の背中に身を寄せる。彼の肢体に沿うように、自分の体を合わせる。手のひらで、彼の背中に触れる。彼の背中に顔を埋める。彼の匂いがする。

胸が軋む。

「ごめんねラビ」

唇だけでつぶやく。こんな胸の軋みも、僕は初めてじゃない。過去の相手にも同じような痛みを感じていた。でも、それは恋じゃなく、ただの依存から来る不安でしかなかった。僕は多分その人に恋など、していなかった。僕のラビへのこの気持は恋なんだろうか。信じたいのに、自信がない。

「それでもいいなんて、言わせてごめん」

思わず声になる。触れた背中から、彼の中に声が伝わっただろう。

「好きだよ」

口にするだけで、涙があふれるその言葉は、嘘かもしれないけれど。涙が、彼の服を通して彼に伝わっただろう。彼の体が反応したかもしれない。起きたのだろうか。でも僕は、彼の背中から顔を離すことができなかった。しばらくこのまま。僕があなたの匂いの中で、眠ってしまうまで。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
amisaka
性別:
女性
趣味:
アニメとアイドル
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]